アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

ラブレター

昨日は雨が降ったり、風が急に強くなったり、
不安定なお天気でした。

週末またステイホームで、こもってずっと何をしていたかというと、


ラブレターを書いていました。


誰かにではなく、自分への。




小熊さんとお付き合いをはじめて、
今が一番楽しいときなはず…なのに、
悲しいかな、幸せと苦しみに振り回されています。
ジェットコースター。


何故か消えないのです、
「わたしは愛されてる」と感じる反面、
「わたしは本命の誰かの次で、ただ遊ばれてるんじゃないか?」という
謎の妄想が。


LINEの返事がないと、他の人と会ってるんじゃないのか、
やっぱりわたしはないがしろにされてるんじゃないか…という妄想が頭を埋め尽くして、
あぁああ〜!!ってなります。泣

なんで、付き合いだちなのにこんな気持ちにならねばならないのか。



小熊さんが「行動で安心させてくれない」という見方もできるのですが、



そんなことよりもやっぱり大きな原因は、
「わたしが小熊さんを信じていない」こと。

これに尽きる。


そして、なぜ小熊さんを信じていないかというと、

わたしが小熊さんを選んだその判断を信じていないから。

わたしの見る目はないとわたしが思っているから。
わたしの判断は間違っているとわたしが思っているから。


かなり根が深い問題です。
わたしも、なぜこんなにまで自分を信じていないのか、わからない。
昔よりマシにはなったとはいえ、
わたしは自分を今も許せていないんだとひしひしと感じます。


人を愛したい。
人を信じたい。

なのに、信じられない。
だから、愛せない。



わたしは自分を信じたい。
自分を許して、いろんな人を愛したい。



その一心で、書いてみました。
自分へのラブレター。



f:id:roma34ne7:20200511215745j:plain



無印の雑記帳です。

ノートほどきっちりしてないけど、
メモよりは記録に残る。
A6サイズで携帯しやすくて、思い立ったら走り書きできる。


このブログを始める前、
職場が異動になって、ケイさんへの気持ちや自分の生き方にめちゃくちゃ迷っていたときに、
思いついた気持ちを吐き出すように綴ってきた雑記帳です。

書いてあることは、とても他人に見せられるもんじゃない。笑

でも、まさに吐き出した気持ちを「雑記」として書き留めておくにはちょうどいい感じです。


この「雑記帳」もあと数ページになったところで、
自分への感謝を綴ってみました。


ずっと不安が多い人生だったけど、よく頑張ってきてくれた。
これからはもっと気持ちに寄り添うよ、
ありがとう。

と。


結婚しようが、子どもがいようが、
それで幸せになれるなんて保証はない。
未来の孤独を解消してくれるなんて保証はどこにもない。

死ぬときまでわたしと一緒にいられるのはわたしだけ。

なら、今のうちに自分と仲直りして仲良くしたい。

そのあとで、愛する人たちに囲まれて過ごせたら素敵だな、なんて思う。



自分との仲直りには、まだまだ時間がかかりそうですが、
わくわくもしています。






よかったらまた遊びに来てくださいね↓


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ