アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

オーバーヒートな連休後半

連休後半も、雨でしたね。
もう7月も終わろうとしているのに、まだ梅雨は明けません。

今年はそんなに遠出はできなさそうだけど、
セミが鳴いて、カーっと熱くて、緑の匂いがする夏のあの感じが待ち遠しい。





連休後半は、心理学の勉強をしにいっていました。
自分の心と向き合うための勉強です。



自分ととことん向き合って向き合って向き合って、
吐きそうになりながら嫌なことも思い出して、オーバーヒートでパンクしかけながら勉強してきました。

負荷がすごくて、土曜からずっと頭痛がひどいです。。苦笑




でも、これは結局、
ずっと嫌なことから逃げてきたツケだったんですよね。
利子がたーんとついて払う羽目になった。


放置してたら駄目なことを見て見ぬふりしてごまかして周りのせいにして、

ずーっと人生をツケ払いしてわたしが得たものといえば、

男にはナメられて全く大切にされないけど、
とりあえずは金に困らず、時々飲み会で楽しくお酒飲んで、

でも一人になったら心を開ける人がいない虚しさを感じて、でもなんでか泣くこともできない。
人と幸せを比べて自分の不幸を呪いながら、モヤモヤ落ち込んでして寝床に入る。

そんな「なんとなく生きてこれた、とりあえず死んでない毎日」だったわけです。



希望を持って生きたいけど、どこかで人生斜に構えていた。
どうせ、わたしは負け組やって。
陰キャのブスやって。

人生勝ち負けじゃないよー!って頭で思ってても、
心のどこかでずっと自分は負け組だって思っていた。
ダメダメな自分を許してなかった。


ダメダメだと思ってるくせに、愛されたい、でもほっといてほしい、
受け入れてほしい、でもほっといてほしいのごちゃまぜごった煮。



ダメダメでもわたしを愛してほしい。
ダメダメな自分を愛したい。
わたしも、全力で人を愛したい。


それを諦めたくなかった。
諦めて生きることをしたくなくなった。


だからそれを望んでみてもいいかもと思って。
愛される許可を、少しずつ出します。






前途多難。

だけど、勉強していくと、今までに疑問だったことやわからなかったことが、少しずつ腑に落ちていく。
人の心を勉強するのは、とても面白いです。






あと嬉しかったのが…

勉強しにいって、同世代の友達ができたこと。
普通にこれまでの生活を送ってたら、知り合うことない人たちだった。

職場以外の場所でなかなかこの歳になると友達ってできないので、
それが純粋に嬉しい!

あらたな出会いもある。
やっぱり、人生まだまだ捨てたもんじゃない。





せっかくもらった命、どうせほっといてもいつか死ぬから、
死なないように生きるんじゃなくて、生き抜いてやる。


自分はどうせできないとか、キャラじゃないとか、歳がとか関係ない。
やってみたいことは諦めない。


いつか倒れて死ぬときに後悔しないように、今言い訳しない。
やりたいことは全部やってやる。







よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ