アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

(毒注意)不等号ばっかの世界から抜け出したい

鬱々日記です。

ポジティブだったりネガティブだったり、波がすごい。

性格悪いです。
嫌なこと書いてますので、はじめにお断りしておきます。








出勤のバスに揺られながら。

あの人よりマシ。
あの人には敵わない。

そんなことばっかり考えてる自分をほんとにやめたいと思う。







信号待ちでバスと並んで停まった、原チャに乗ったお兄さん。
現場仕事してるような感じ。
若くてもしっかりしてそうだな、充実してるんやろうな。

それに比べてわたしはいい歳やのにホンマにイケてない。



隣で吊り革に捕まってる若い女の子。
可愛くて、若々しくて、色も白くって、オシャレで、程よく肉付きも良くて。
いいな、可愛いしモテるんやろな。

それに比べて、自分の窓ガラスに映る顔見て心底ガッカリする。わたしは老ける一方、顔もたるんでるしブスやし、どうしょうもない。



バスと並走してる車を運転してるおじさん。
小太りでちょっと頭薄くて、おじさんって感じやけど、左手に結婚指輪。

こんなおじさんでも、結婚してる。
わたしはこんな年齢のくせに結婚はおろか彼氏すらいない。
終わってる。



お兄さん>わたし
若い女の子>わたし
おじさん>わたし




ここまで考えたとき、どんだけ自分想像力たくましいねん。
どんだけ他人さんに失礼やねん。
どんだけ自分にも失礼やねん。
で、その想像力で自分けなすのどんだけ好きやねん。

と、ちょっと笑えましたね。



『この人まじでブスやな。わたしはこの人よりはマシやわ。』

『この人が結婚できててなんでわたしはできてないん?』


自分にマジ反吐出る。
そんなん考えてる時点で、自分が相手なら男女問わずお付き合いお断りやわ。






人と対面するときに、思えばわたしはいつも
「ウケたかな?好かれたかな?認められたかな??」
とか思う。反射的に。

恋愛のときはとくにそれが顕著に表れる。


だから、アプリとかで会った人に対しても、

「わたしのこと気に入ってもらえたかな?」

って、あくまで自分は「気に入ってもらえたかの結果を受け取る側」って自然に思ってた。


「気に入ってもらえたか」、「気に入ってもらえなかったか」。
その二択。


これって、相手を無意識にあげて、自分を下げてる。
なんでそんなことする必要があるねん。


「楽しかったか」「楽しくなかったか」
「気が合ったか」「気が合わなかったか」

これでいいのにね。

これを自分からやめないと、一生対等な交流なんてできひん。

でも、全く謙虚ってわけでもない。
そんな自分もまたキライ。




比較したくない。
とはいえ比較だらけの世界。
マウンティングだらけ。

あいつよりマシ。
あいつより劣ってる。
あいつズルい。



マウント取りたいのは、自分が認められたいから。
マウント取れて優位に立てたときに、自分は優れてるって自分が気持ちよくなれるからかな。
逆にマウント取れないと、比較対象がないと自分で自分を認められないんやな。

相手に判断基準があるって、冷静に考えるとコントロールできない要素がありすぎて苦しい。



だからだろうね。
どこをみてもしつこいくらい、
「まずは自分を愛しましょう」
「自分で自分のご機嫌を取れるようになりましょう」

って書いてあるのは。


やっぱり、比較の世界で必死に上下関係にこだわってる人は見ててわかる。
見てて余裕がない。
そういう人は、魅力半減だ。

きっと、わたしもそう映ってるんだろうな。




マウンティングの世界に生きてたら、死ぬまでマウンティング取り続けないといけない。
死ぬまで抜け出せない。
地獄。


わたしはそんな地獄で生きて行きたくはない。


早くその世界からいち抜けた、したい。

そのためにやるべきは、根底から世界の眺め方を変えることだろうな。





ああ、イライラする。
イライラ?というか、焦燥感。
モヤモヤ、イライラ。
悲しみ、不安。


うーん。

どうかわからんけど、とりあえずわたしは確実に疲れてはいるだろう。



久しぶりにお風呂にでも浸かろう。





よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ