アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

とっくの正夢

久しぶりに元カレの夢を見た。



元カレは束縛が激しい人で、わたしはしょっちゅうキレられた。

でも、この人のそばに居られるのは自分くらいやって謎の自負があって、我慢してずっとそばに居た。

分かりやすい共依存



結果、元カレに10くらい下の職場の女子大生と浮気されて、
それきっかけで別れた。

結果的に共依存から抜け出せたから、ある意味よかったんかもしれへんけど。。


(元カレのことは記事にして振り返りしてたけど、途中からよく分からなくなってほったらかしてます。

読んでる人はそんなにいないと思うけど整理しないとな。。)






んで、

元カレは以前はちょくちょく夢に出てきていました。


だいたいまだ付き合ってる様子で、
普通に一緒にいる夢から、オトナな夢まで。



で、夢から覚める度に、

「ハッ、夢か!!よかった…!!」

ってなってた。苦笑


それだけ、もう彼とは付き合いたくないって思ってるんだな。

その通りですけどね。
なんか、元カレは不自由の象徴って感じなので。






そんな元カレの夢を久しぶりに見たのです。

今回は、今まで見てた夢とは趣が違ってて。



もう1人のバイト仲間と元カレが話してるのをわたしがそばで立って聞いてるんやけど、


「今すごく好きな女の子がいて、彼女のおかげで今が幸せ。すごく救われてる。」って、

元カレは毒気の抜かれた顔でふにゃって笑ってる。


どれだけその女の子が素敵な女性かを、とうとうと語る元カレ。

それを、うんうん、と相槌打ってあげてるバイト仲間。


わたしはただそばに立ってその話を聞いていて、
わたしがそばにいることなんかお構い無しに素敵な女の子の素敵なところの話をしていて、

わたしはそんなのを聞きたくなくて逃げてしまった。


そこで目が覚めた。

どんな夢だよって思うんやけど。






起き抜けのよく働かない頭でぼんやり考えたのは、

わたしはなんで最後聞きたくなくて逃げたのかなって考えた時、


きっと元カレが語る女の子に嫉妬したのでもなく、
元カレの様子に腹が立ったわけでもなく。


わたしは元カレを幸せにできなかったことがありありとわかって辛かったから。
(いや、夢なんですけどね。笑)

実際、自分のことばっかり考えてたから。

あと、その女の子に嫉妬した。
あ、やっぱり嫉妬だ。笑

でもそれは、元カレにそんなに愛されて大事にされてることにじゃなくて、

それだけ元カレを幸せにしてあげられる才能を持っていることにです。




わたしは、元カレに幸せにしてくれないことばかりを呪って、

自分が幸せにしてあげるなんて視点を持ったことなんてなかったなって、今ふと思った。


浮気はした方がふつうに悪いけど、
わたしの場合はわたしにも大いに原因があるよな。
いや、それは前からわかってたけど。




これは夢やけど、

過去に浮気された時に、この夢はとっくの昔に正夢になってたんやろうなと思った。



そう思って、ちょっと、朝から絶望。苦笑







わたしにはある視点が欠けている。

それは、人を満たす、人に与えるという視点。

最近は、自分はもう満たされてる、もう幸せだって思えるようになって、
わかった気になるけど、それでもすぐに忘れてしまう。

すぐ忘れて、欠乏感に絡め取られそうになる。


そんで、その度に泣きそうになる。


わたしは自分が幸せでいたいとは思うけど、

やっぱり大切に思う人には幸せでいて欲しい。
もっと欲をいうなら幸せにしたい。わたしが。

わたしが幸せにしてあげられた人の顔を傍で見てたら、
きっとわたしだってもっと幸せになれるんだろう。


そしてもしかすると、結婚ってそういう事かなって今ふと思った。

付き合うならお互いにドキドキするだけでもいいんやろうけど、

それを超えた高揚感ではなくてじんわりした幸せみたいなものがあれば、
2人で生きていけるって思うんだろうな。



でも、わたしはその器じゃないなと思う。

まだ、今は。
って、付け足しておきたいけど。




今、見るべくして見た夢だったなと思いました。

あーあ。


朝からちょっとしょんぼりした話でした。

仕事に行ってきます。





よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代おひとりさまへ
にほんブログ村