アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

「今日は何をしようか」

気づけば、2月ですね。


結構これまでは、
「あー、この間新年あけたとこやったのに、もう1か月たってしもた。
もう1/12終わってしもた…」

って思ってたんですが、

最近はちょっと感じ方が変わって。



1か月経ってしまった。じゃなくて、

「1か月積み上げた」

って思えるようになっていることに気づきました。





きっと、いろんなところで言われている言葉だと思うのですが


「一日の積み上げがたった0.01だったとしても、

そのたった0.01ぽっちを365日積み上げると、

それは確実に力になる」という話。



1に0.01を足すと1.01だけど、

1.01を365乗すると約38になる。

単純計算すると、0.01ずつ毎日何かを積み上げれば

1年後には38倍になった自分がいる。



人間のことだから、そんな単純計算はできないけれど、

少しずつなにか意識をもって動いていれば、
まったく同じであるはずはない。

そう信じています。


↓「ゆっくり、着実に。」
slow and steady.




そして、数字的な結果よりも、

わたしは今日も、ほんの少しでも何か一つを成した。

って思えることの意味は大きいな、と思いました。



成したって言っても、まったく大したことでもなくって。



ずっと持ち続けていた不用品を思いきってゴミ袋に入れたとか、

野菜をいっぱい入れたみそ汁を作って食べたとか、

布団のシーツを洗って干したとか、

腕立て伏せを20回出来たとか、


そんなもんです。



それでも、わたしは毎日何かをしている。
わたしをよりよくするために。


だから、時間が経つのが楽しみ。
毎日何が積みあがっているのかなって、ワクワクする。

わたしは今日も、ほんの少しでも何か一つを成した。

ささいなことを「何かを成せた」ととらえられるのは、
自分を信じていないとできないと思うのです。




わたしは、ずっと自分を信頼できずにいました。

それに、長いこと長いこと苦しんでいました。



それだから自分の判断も、愛する人のことも、
この人を愛したいと思う自分の判断を信じることもできず、


この選択は間違いではないのか。
わたしはまた嫌な目に合う(合わされる)んじゃないのか。

と、不安で不安でいっぱいでした。




でもこのごろ、少しずつどう転んでももういいと思えるようになってきました。


それは自暴自棄じゃなくて、

「どう転んでもわたしは最終的にはまあ大丈夫だろう」と
ちょっとずつ思えるように、

自分の選択はどれも間違ってなんかないと思えるようになってきたということ。


だから、わたしは自分への信頼を少しずつ積み上げられているんだろうなと感じています。

それがなにより嬉しいし幸せです。



f:id:roma34ne7:20210205073213j:plain

朝出勤のために家を出て、スカッと晴れている日の空が好きです。

「今日も一日が始まるな。

いろいろできるな、今日は何をしようか。」


そう思う後押しをしてくれます。





自分には、「自分が」何かをするか、何かをしないか、しかできない。

じゃあ、人がどうしようが関係ない、自分ができることを続けていくしかないな。


そして、自分の選んだ選択肢に失敗も間違いもない。

その時の自分が一生懸命に生きて選んだ選択なんだから。


f:id:roma34ne7:20210205200754p:plain


今日もわたしはしっかり生きました。

みなさんもそうなのだと思います。


だれもが毎日その人なりにいろんなことを考えて精一杯生きているんだから、

それを責められる人なんていません。



今日も一日、お疲れ様でした。




よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村