アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

ライダー見習いアラフォー女子、二輪免許所得までの道!【5日目】

f:id:roma34ne7:20210321095410p:plain

自分の覚え書きを兼ねた免許取得までの記録です。(まだとってないけど)

わたしと同じように、もしこれからバイクに乗りたいな~という、女子ライダー見習いの方の参考になりますように(*^^*)


ちなみに、詳しい技術のコツや解説については、わかりやすく丁寧な解説サイトがたくさんありますので、
詳細はそちらに譲って、
わたしが先生から教習中に聞いたコツやわたしの体験を中心に紹介していきます。



1日目⇒へっぽこライダー見習い、がんばる!

2日目⇒エリナ、こけまくる。

3日目⇒驚きの再会

4日目⇒「あなたはまだバイクに乗ってるだけやね」



5日目「仕事終わり、補習、スランプ、号泣の巻」

前日、初めてのスラローム、S字カーブ、クランクに泣かされたわたし。

スラロームは下手なりにまぁクリア出来たのですが、

S字とクランクがとことん出来ず…


この日も仕事を何とか定時に終わらせて、慌てて家に帰って、教習所への行きしに晩ご飯を口に詰め込んで…

と、バタバタで向かいました。


7時間目「S字カーブ、クランク(補習)」

S字カーブとクランクを、上手く通る練習。
昨日の続き。


この日の先生は初めての先生でした。

体格がごつくて迷彩のジャケット着て、
雰囲気も結構コワモテな感じ。
(なんか、任侠映画に出てきそうなお兄さんてかんじ。。)

ちょっとピリッとして、挨拶して始めました。

ひたすら特訓

慣らし走行して、外周を走って、昨日出来なかったS字とクランクをひたすら特訓。


この日も、昨日と同じようにスピード調節がまだまだ上手くいかなくてコケまくりました。

最終的に課題類は最後に卒検でもやりますが、
卒検ではパイロンに当たると即終了、また次回~!となります。

パイロンに当たる=避けなければいけないもの(人、壁、障害物など)に接触していることを意味するので、一発アウト。


この日もパイロンに当たるどころかなぎ倒して進むわ、コケるわ、コケるわ…



コワモテ先生、別に全然怒ったりしないんですが、なかなか冷静な迫力があって、

失敗する度にこちらも申し訳なさ(何に?って感じですが)で萎縮していき、

身体が硬くなって余計パフォーマンスが落ちる…の悪循環。

あれ?バイクが動かない!?→転倒

何度目かのクランクの練習中、バイクが低速で進み続けるはずが何故か止まってしまい、バランス崩してバシャーン!!とまたコケました。


ブレーキも踏んでない、クラッチも握ってないから動力は切れないはずやのに、なんで!?


と目を白黒させてたら、先生が近づいてきて

「ギアがニュートラルですよ~」とひと言。

はっ!!とランプ見ると、
確かに「N(ニュートラル)」のマークが光っている。。



「ギアチェンジでローに入れる時、確実にこれ以上ギアが下がらないとこまで何度か踏んで下さいね、
2速から1度踏んだらローになる、って思い込んでると、こんな風にニュートラルに入ってしまって動かなくなるから」


ほぉ~!と、感心してる場合じゃないんやけど、そういうパターンもあるのか。とまたひとつ勉強になりました。



わたし、全パターンの失敗をコンプリートして行ってるんじゃなかろうか。苦笑


雨降る、心折れかける

何度コケたか数えてませんが、一番上手く行きませんでした。

昨日から続けて教習を受けに来てるのに、その恩恵を全く感じられない自分の下手さに腹が立ちました。


途中から雨もパラパラと降り出し、わたしもつられて泣きそうになったけど、そこはグッとこらえた。

転倒しすぎて、気づいたらいつの間にかミラーがバキバキに割れていた。
割れすぎてて後ろが確認できひんくらい。
笑……ってる場合じゃない。。


クランクの出口でまた転倒し、ちょうどチャイムが鳴ってこの日は終了しました。

全然できなかった。

完全に意気消沈するわたしに、コワモテ先生、
「次、進みますね。」と告げる。

「えっ!?全然できなかったですけど…!」

「次回以降も練習できますんでね。」とのこと。

すごく心配ですが、とりあえず補習は終わりました。



帰りの電車で、泣きそうなのをこらえて、
人気のない夜道で泣きました。
泣きながら全力疾走した。気持ちのやり場がなかった。

そんで家で号泣。





入所の時に、バイクに跨らして貰った時に教官さんが言ったことばを思い出した。

「カッコイイから、とかだけの軽い気持ちで乗ろうとしてるなら、やめておいた方がいいです。

辛いと感じた時、それでも乗りたいと思う気持ちがないと続きません。」


思い出して、
あぁ、これか。。と思った。

ツラい。仕事の後にまで何してるんやろと思って。


出来ない自分が悔しすぎた。
目に見えて出来ないことがこんなに悔しいと思わなかった。




でも同時に、
絶対に意地でも免許取ってやる、と思いました。


じゃないと、この悔しさは晴らせない。

やし、そもそも、わたしは春にはバイクで走ってるんやから。





振り返るとこの頃、わたしが下手ってのもあったけど、
いろいろと詰め込み過ぎてたんですよね。
以前記事にもしたように。。
キャパオーバー




この日のこともあって、これ以降は
無理は禁物だ、ゆとりもっていかな。と心に決めました。





かるく挫折を経験したところで。

ここをどん底として、

バイクの練習は少しずつ浮上していくことになります。




よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村