アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

歯列矯正、いよいよ始まります【アラフォーからの歯科矯正】

f:id:roma34ne7:20210324220546p:plain


前回の記事はこちら↓
roma34ne7.hatenablog.com


少し時間が空きましたが…


先日、矯正歯科を決めて矯正を受けるための精密検査、診断を受けてきました。

結果から言うと、前回記事にもある2軒目に訪れた矯正歯科の先生にお願いすることにしました。

理由は、説明を聞いていて、
「審美的な面もだけど、今後のかみ合わせと健康について考えて総合的に話をしてくれたから。」


今回、先生の診断を受けていよいよここから本格的に矯正を始めることになりますので、
記録のためにも記事にしておきます。

矯正前に必要な診断を受ける

わたしのお願いする矯正歯科は、矯正開始までの流れとしては

①カウンセリング(無料)

②精密検査(10000円)

③診断(10000円)

という感じです。
(前回は①の無料カウンセリングでした。)

前回カウンセリングしていただいて、先生の診察や治療方針に納得出来たので、
精密検査の予約をとって、まず検査してもらいました。

精密検査

精密検査は、
・レントゲン撮影
・写真撮影
・歯型取り

などを行いました。
レントゲン自体は無料カウンセリングの時も撮りましたが、
次はより細かく詳しく撮っていきます。

顔の周りをグルーっってとるレントゲンや、いろんな方向からの顔写真、歯の写真を撮り、歯型もとりました。
この日はこれで終了。
診断の日程を後日取り、終了しました。



診断

診断時、先生の開口一番のセリフがこれ。

「すみません、僕の見立てがちょっと甘かったです。」


なぬ?(;'∀')と思ったのですが、

前回先生がわたしの顔写真を見ていろいろと角度を記入していた写真。


f:id:roma34ne7:20210324074403j:plain

この段階では、「もしかしたら外科手術が必要かもしれない。」
とのお話でしたが、


レントゲン撮影した写真を元に、コンピューターで正確に骨格の長さや角度等を分析したら、

「エリナさんの場合、一般的に手術適応になる数値よりも高いので、
ほぼ外科手術になることは確定だと思います。」

とのこと。

保険適応の歯列矯正「顎変形症」

わたしは顎が小さすぎる、「顎変形症」という病気に該当するようです。

なんでやろ、と思ったんですが、
父も極端に顎がないですし、口が開いて寝ていたので顎が閉じずにこうなったみたいで。

現在進行形で、昔から寝てたら勝手に口が開いてどうにも閉まらないのですが、


口が閉まりにくい骨格

寝てる間に口が開く

口に圧がかからなくてさらに歯並びやあごの発達に支障が出る

口が閉まりにくくなる

以下ループ


みたいです。
こういった原因があったとは…!




手術。。まじかー(@_@;)

と思ったけど、顎を切って本来の顎関節の位置に骨を戻したり、顎を伸ばしたりするので、
ついでに横顔もちょっときれいになるなら、いいな…?とか思ったり。

(過去、自分の顔がまだ許せなかったころ、「マジで横顔がブスすぎてどうにかならんか!?」と検索し、
整形が必要って結論に至ってあきらめたことがある。苦笑)




あと、「顎変形症」を治療するための矯正になるので、矯正が保険適応になるのが大きい!

自費診療だと70万ほどかかるワイヤー矯正が、保険適応で25万ほどになるそう。
なななんと。

実際はそこに外科手術の費用で+30万と日々の調整費用もかかりますが、
それでも、自費診療よりは安くなるという。助かる。
いままで高い保険払ってきただけあるわ!笑

かなり苦しい手術

ただ、こんなヘラヘラと?楽観的にいられるような手術ではなく…

顎の骨を切る手術なのでかなり侵襲が大きく、

術後3日は地獄、
術後2週間はまともに喋れず(腫れと顎が動かないためフガフガなってしゃべれないらしい)
術後1ヶ月は流動食。

と言われました。
かなりびびった。


結構喋るのが商売っていう仕事をしているので、
出勤したとしても全く喋れないのは仕事にならんだろうな。。

病休取らせてもらうか。。

矯正が本格的に始まったら、ちょくちょく仕事休まないといけないだろうな…

まぁ、有給は毎年捨てるほどあるから、仕事の予定さえ何とかなれば大丈夫か。。

走り出した矯正

先生の説明を聞きつつ、
わたしも手術の可能性も念頭に入れながら、それでも矯正をすると思って診断を受けに行ったので、
「考えてもらったらいいですよ」の先生の言葉に、

「今日はもう矯正を始める気で来ましたので」と漢らしく(?)答えました。


どれだけ苦しい手術が待ってるとしても、
そのあとのことを考えると矯正をしてみたい。

同じ後悔するにしても、やらないよりやって後悔だ。

最近はそう思って過ごしているので、
やっぱりやらない。という選択肢が自分の中にありませんでした。


というわけで、矯正を始めることになりました。

じゃあ頑張りましょう。よろしくお願いします。と先生にお願いをした後、
器具の調整のための歯型を取り、
診断は終了しました。


ちなみに、検査と診断、それぞれに10000円がかかる予定だったのですが、
保険適応だと、検査や診断費用もコミコミで保険適応になるそうです。

だから、この日は10000円かかるところがお金を払わなくて済みました。
前回の検査の時に払った10000円も、今後の診察料金とで相殺してくれるようです。
なんか得した気分!



まずは2週間後に歯磨き指導、
そして1か月後に器具取付の予定です。

そこで言われたのが、
「まず、1か月後の器具取付までに上の歯を2本抜いてきてください」
と!

外科的なことはこの矯正歯科ではしないようです。
なので、歯は行きつけの歯医者さんで抜いてもらうことにしました。

2週間ごとに1本ずつ抜くみたいです。

そしてその予約がちょうど来週!

来週には、健康な歯を1本抜かなければいけません。
正直怖い。

でももう予約してしまったので、行かなければなりません!


怖いけど、よりよくなると信じて…

賽は投げられた!






よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村