アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

メーデーメーデー、余裕のないわたしたち

今日、街に用事があり電車で出かけていました。

その出先で、「エリナさん、電車が人身事故で止まってるみたいですよ」と教えてもらいました。


帰ろうとしていたところだったので、ありゃーと思いながらどんな状況か調べてみたら、
高架になっていない区間での飛び込みがあったようで。。


ツイッターを追うと、まだ運転再開していなくてみんな困ってるようでした。


そのなかで目に付いてしまったのが



『死ぬんなら他所で勝手に死んどけ』

『電車止まってる、マジで胸糞』


とかいうツイート。



「テレビの向こうの多数の犠牲者には祈るのに
この電車を止めた自殺者には舌打ちか」




思わず、そんな曲の歌詞を思い出しました。








人それぞれに色んな事情はあるし、

遅れられない約束や仕事があったかもしれない。



でも、もし
大事な約束だったとしても、
その約束の相手に余裕があれば。


遅れる人も、少々遅れることで焦ることも無いかもしれない。


もし仕事の相手でも、
事故ならば仕方ないと言えるようなら、
遅れる側も申し訳も立つだろう。






みんなの心に余裕があれば、

そんなふうに死んだ人を罵らないで済んだのかもしれないとか思った。



それは、わたしにだって当てはまることだろうから、
偉そうなことは言えないけど。




飛び込んでしまった人の心情なんて分からないけど、

そうまでして自分の命を終わらせようってなってしまった人の気持ちっていかほどか。





そういう想像力を持てること、

想像したいという努力できる人でありたいと思った。




そして、そうやって亡くなってしまった人をさらに罵ってしまうような、

そんな苦しい世の中であってしまうことが少しでも減っていけばなと思います。






なんというか、余裕が無い。


コロナ禍の中、余裕なんか無いと思うけど、


それでも、気持ちに余裕が無い。




世の中窮屈で、

そもそもコロナなんか無くても、

ゆっくりゆっくり、社会全体が真綿で絞められていってる
そんな気がする。




そしてもちろん、わたしにも余裕がない。






どうしようもないが、

わたしに出来ることはまず
自分が機嫌良く過ごすことで、

それが周りの人に広がればいいのになと思う。




バカだろうか。

でも、不機嫌は伝染するが、

優しくしてもらったりして感じる暖かい気持ちやご機嫌な気持ちも伝染すると

わたしは信じている。





「メーデーメーデー」/amazarashi

youtu.be


メーデー メーデー
って子供みたいに泣きじゃくる無邪気な愛で


上の歌詞の曲。

2番の歌詞を聴くと、
いろんなことに思いを馳せる練習というか
いろんなことに気づける気がする。




amazarashiは歌詞がいいです。

刺さる。刺さりまくって苦しい。
これこそ余裕のない時には聴けない。


若干中二病感ありますけど、
いろんな人に思い当たる部分はあると思います。



よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村