アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

隠す必要ある?って思ってきた

最近、頻繁に姿見の前に立って自分の身体を見てます。



そうやって、自分の見た目や身体について
意識を向けているのですが、

最近やってて爽快だったことがあります。






それは、隠したいところをあえてだすこと。



別におしり丸出しで歩いたりしてないですよ。笑







わたしはストレスとかが肌に出るタイプなのか、

よく分からないけどデコルテと背中、二の腕に定期的にめちゃくちゃブツブツができます。



過去にできたブツブツの跡も沢山残ってて、
これがまたなかなか消えないんだ(;▽;)




胸元や背中をガバッと出すことはほぼないですが、

二の腕のブツブツを見られるのが嫌で、
あんまりノースリーブを着たりしてませんでした。






なんですけど、

お家にとてもお気に入りのノースリーブのワンピースがあるんです。

色も可愛くて、シフォン素材の女性らしいワンピース。



上からなにか羽織ってもいいけど、
ノースリーブで着るのが自分的にいちばん似合ってかわいいのです。






先日、出かける用事があったので
あえて上から何もはおらず、

ブツブツの二の腕丸出しのまま
そのノースリーブのワンピースで出かけてみました。

一応、羽織ものはバッグに忍ばせて。笑






そして気付きました。




うん。
だれもわたしの二の腕のブツブツなんか気にしてないよな?
と。




むしろ、
今まで自分が「二の腕ブツブツでめちゃ汚い(T_T)」っておもってたけど、

改めて見るとそんな気にするほどのものでもなくないか?
と。




そんでもって、

人間だからコンディションの上下もあるし、
ブツブツできてその度に「最悪。。」って思ってたら
なんかしんどくない?と。





なんかそう思ったら、
ブツブツできてようがなんかそれはそれでいいやー!とどうでも良くなって、


かわいいワンピースをブツブツを隠さず堂々と着られている自分が、

なんだかすごく誇らしく感じてご機嫌になりました。笑




隠すっていうことは
その隠したい部分を恥に思っていることだろなと思うんです。


でも隠されている部分は紛れもなく自分の一部であって、

自分は隠さないといけないほど
恥ずかしいものなのか?と。



そう思ったら
いや、隠したくないなと。

わたしの身体はそんな恥ずかしいものではない!と。

なんか内なるリトルエリナが

「恥なんかじゃない!!隠すなよヽ(`Д´)ノ」

怒っているような感覚がしました。笑




そう思うと、

何事においても
「隠す」ってストレスになるんだなあと

プチ実感です。



これ、きっと

猫かぶって人と付き合うとか、
過去を恥じて封印するとか、

そういうことにも通じるんだろな。


隠さないといけないほど
自分の性格はダメなのか?とか
自分の過去、あの頃頑張ってた自分はダメなのか?とか。


それをダメじゃない!と1番誇りに思いたいのは自分だな。

他人に言われるんじゃなくて、自分が心からダメじゃない!最高だ!と思いたい。




色んなとこで言われる

「自分のありのままを認める」って

そういうことかなぁ。






ノースリーブで肩を出した話を書くつもりが、
なんか色んなところまで考えてしまいました。笑







よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村