アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

家に籠ってる間に季節が変わってた

最近、ブログたくさん更新させてもらってます。


というのもここ最近、ずっと家にこもっていたので。




はい、わたくし


新型コロナウイルスに感染し、


自宅療養しておりました。(;▽;)



陽性者は、感染したと思われる日から
10日間の自宅療養。



コロナウイルス感染症による症状は、舐めてかかってたけど案外しんどく


とにかく喉が痛い!!


唾を飲み込むだけで激痛(^q^)



おかげであまりものが食べられず、
寝てただけなのに1.5kgほど減ってしまった…。

(今日出勤したら、痩せた?と何人かに聞かれた。ので、見た目も痩せたのかも。。)

(おいおい、また貴重な乳が減ったんじゃなかろうなぁ?( ;∀;))





ただ、ひとり暮らしの身としては、

自分が家から出なければ良いだけなのでらくちんです。





そして、10日間の療養と聞いた時は

そんなに家にこもっていないといけないのか!それって耐えられるだろうか…!?
とか思ってましたが



前半の5日は発熱でずっと寝込んでおり、

後半の5日はリハビリでだらだらと家事をしながら疲れたら昼寝、


…というのを繰り返していると


あっと言う間に10日過ぎていました。


ひと月の1/3を寝るだけに使ってしまった…( ;∀;)

飛んでいくような時間の早さに慄いた。。








そして、先日ひさびさの出勤。




朝用意してバイクに乗って思ったが、

すっかり季節は変わっていた。




前に出勤したのは3月1週目で、

普通にオーバーパンツとダウン装備、
カイロを貼りまくって仕事してたのに…


外はうららかな陽気、

以前外に出た時の最高気温が今の最低気温くらいになっていて、

マウンテンパーカーでも全然平気なくらいの暖かさ。




職場に出勤して、
これまた浦島太郎状態で何していいかわからなくなったらどうしよう(@_@;)と

無駄に緊張し自宅をいつもより20分ほど早く出ましたが…




いざ始業時間を迎えれば、普通に働ける。


「うわー!おかえりなさい!!」

「大丈夫でしたか!?」

と、同僚にも優しく迎えてもらいホッ。


職場の上司にも

「おおー、エリナついに来たかー!!」と迎えられる。





そして午前は、ホントは先週中にやってしまおうと構想していた仕事をなんとか片付け、

午後は当初の締め切りすぎてしまった資料作りをガッツリと。






で、1日働きながら思いました。



あー、わたしやっぱり働いてこそのタイプの人間だ。と。




思えば、10日も家に籠ってることってこれまでの人生でなかったです。

わたしの仕事はテレワークが成立しない仕事なので、緊急事態宣言の時も毎日出勤してたし、

長い休みはあったりしたけど、家の外には出てたから。





家でゆーっくり家事しながら、

寝たい時に昼寝して、

食べたい時にゴハン食べて、という生活は

ストレスフリーな感じだった。




けど…



人に会わず、ほぼ誰とも喋らず、

はりあいのない時間は本当にあっという間にすぎていってしまった。


同じ時間なのに、密度が薄く感じた。

わたしのひとり時間の使い方が下手くそだった、とも言えるけど。





仕事したら朝早くに起きないといけないしある程度疲れるけども、


周りの人に声かけられて交流しながら仕事して過ごす楽しさ。


自分のやりたい仕事をやって、
(やりたくない仕事も多々あるけども)

自分の閃いたアイディアを形にして、
それに反応あった時の喜び。


それを感じた時の充実感は何ものにも代えがたい。



しんどいことも多い仕事ですが、

結局のところ、わたしは今の仕事や、人と関わることが好きなんだと思う。





だから、将来FIREが流行ってもっと主流になったとしても、

多分わたしはどこかで働き続けるだろう。






健康の尊さと、働くことの楽しさ。


思いがけずそれに気付かされた、コロナ療養期間でした。








ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらまた遊びに来てくださいね(*^^*)

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村