アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

「幸せな気持ち」はわたしひとりだけのもの

最近ふと心から湧き上がる喜びを感じた瞬間がありました。

 

通勤で朝バイクに乗ってて、通勤ルートにめっちゃ景色のいい道があるんですが

そこに差し掛かった時にちょうど大好きな曲のサビがかかって、しかもスカッ!!と晴れ渡った青空が目の前に広がって、うひゃー(*゚▽゚*)ってなった時。

 

風が気持ちよくって、

空はこんなにきれいで、

楽しい乗り物に乗れてサイコーに爽快なうえに

好きな曲をいいタイミングで聴けてひゃっほい!!

青空」の画像・写真素材を無料ダウンロード(1)背景フリー素材 BEIZ images

 

 

なんだか、このとき空がきれいだなーと思いながら

いま、ひとりぼっちなのにめっちゃしみじみ幸せやなあと感じたんです。

 

 

そして、わたしは今までの彼氏がいないだとか恋愛がうまくいかないというコンプレックスとか諸々から

「パートナーがいるから感じられる幸せこそ最上のものだ」

なんとなく思っていたフシがありました。

 

 

そりゃもちろん、パートナーが居るからこそ感じられる幸せもたくさんあるのですが

わたしの人生はそもそもパートナーありきのものではないし

誰かそばにいてくれるから今幸せを感じられてるわけじゃないなとなんとなく思ったんです。

 

一人でいるときも、ただただ美しい景色を見たり

風が気持ちよかったり

 

空気が何かの花のにおいだったり雨の匂いだったりして季節を感じたり

素敵な音楽を聞いて心躍ったり

美味しいものを食べて口に入れた瞬間に「うんまっ!」てなったり。

 

 

彼氏や友達や両親や、わたしの大切な人たちがいるから幸せってわけじゃなくて

ひとりでもわたしはじゅうぶん幸せな気持ちになれるんだったわ。

そして、それは誰に侵されることもなく、わたしひとりだけの大切なものだ。

 

通勤途中、バイクに乗りながら何故かそんなことを不意に思ったのでした。

 

 

なんだか文字にすると野暮ったいし頭で考えちゃってよくわからない中身のない記事になってしまいましたが…

 

なんかこの感覚って大切なことな気がするので

自分の覚書に書いてみました。

 

みなさんの「自分だけの幸せ」にはどんなものがありますか?

 

 

 

 

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

 

よかったらまた遊びに来てくださいね(*^^*)

応援よろしくお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村