アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

夢の中の男の子

今日の明け方に見た夢。




小学生くらいの男の子が、わたしに前から駆け寄ってきて、
何かを言いながらわたしに不安そうに抱きついてきた。


何を言われたかは忘れたけど、

わたしはその男の子をぎゅっと抱きしめてあげて、


「大丈夫、
〇〇くんはこんなところや、あんなところが素敵やと思うよ。
わたしは〇〇くんのことが好きやで。」

と伝えた。


そう言ったら、男の子はすごく満足そうに笑った。





そこで目が覚めた。








目が覚めて、ボーっとしながらなんとなく思った。




誰もが自分のことを不安に思って、

これでいいのかって思って過ごしてて、


そんな自分を無条件に肯定されて、

そんなあなたが好きだよって言われたいんだろうなと。




嬉しそうな男の子の顔を思い出すと、

温かい気持ちになる。




ただのわたしの夢の話だから、男の子だってわたしの中のただの幻やけど、


その気持ちはただの幻や作り話のように思えなかった。







わたしが「好きだよ」って口に出して伝えることで、

喜んでくれる誰かがいるんだろうなって、

そんなことを教えてくれる夢だったのかなと思う。





それは何も恋愛に限ったことではなくて、

私に関わってくれる大切な人たちや、

大切なものへ。





大切な人やもののことは、そのありのままをただ肯定したい。

わたしは好きという気持ちを、意識的にあまり出さないようにしてきたけど、

せっかくの好きな気持ちを、
なぜ出し惜しみしなければいけないんだろう。



好きなら好きでええやん。

逆も然り、嫌なら嫌でいい。





好きだと思ったら、惜しみなく伝えることにしよう。

もっと本能に忠実に生きよう。





そう思ったいつも通りの朝でした。





よかったらまた遊びに来てくださいね↓

アラサー?おひとりさまのゆる〜い日常 - にほんブログ村

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村