アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

恨みと「人のせい」

最近ずっと呑気なお片付けブログだったのに、
いきなり不穏なタイトルですみません。苦笑



小田急線の電車で無差別に人が襲われたニュースを見て、思うことがあったので書いてみました。



この事件の犯人についての私見です。

もしかしたら、内容に不快感を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。



大前提として、
わたしはこの犯人は普通に裁かれるべきだし情状酌量なんていらないと思っています。


そして、特定の個人を非難するものではありません。



それを踏まえて、宜しければお読みください。



________________





この事件について、わたしは深く知ると
とてつもなく不快になりそうだったので
ニュースはあえて読んでいない。


でも、ニュースサイトの見出しとか、
たまたま漏れ聞こえたニュース番組の情報とかから鑑みるに



この犯人、

ずっと恨んできたんだろうな。

女というものを。


でも、本当は女というものに愛されたくて

たまらなかったんだろうな。


そう思う。





なのに、プライドは高い。

自己評価が異常に高い。

なのに劣等感が凄まじい。





だから、自分より幸せそうな
「成功してそうな女」
「若い女」が許せなくて

あんな馬鹿な行動にでてしまったんだろう。







なんか聞いた感じ、この人ナンパ師を名乗ったりしてたようだし、

ずっと女に執着して生きてるあたり


よっっぽど女性に
「あなたは素敵だよ、愛してるよ」
言われたかったとみえる。




ナンパ師を自称するなんてマトモな人間ならしないけど、

「オレ、モテるんだぜ、すぐ女ひっかけられんだぜ!」

とわざわざ自分から言いに行くあたり、

本当に女性に対する劣等感をすごく感じる。



この犯人は幸い顔が整ってるからある程度引っ掛けられたんだとおもうけど、

そもそも、そうやって引っ掛けたところで
相手も大概遊びだから
同じ穴のムジナ。


一夜限りの関係では、
欲は発散出来ても、心は癒されないどころか
さらに乾いていくだろうし。



記事になってるか知らんけど、
この犯人、かなり高確率で小さい頃に母親から愛情が貰えてなかっただろうなと思う。
もしくは、過剰なほど干渉されてたか。







幸い人が亡くなっていないのが救いだけど、

人が亡くなっていないからこの犯人は何年か後にまた出てくるんだろう。


そして、服役がこの犯人の心を改心させるはずなんてこれっぽっちもなくて、

世の中に出てきたその時はもっと恨みが募っているんだろう。

女と世の中に。






でも、わたしがこの犯人を見て薄ら寒く感じるのは、


わたしもあの犯人と近からずとも遠からずと感じるからだ。






わたしは人を刺したりしない。

傷つけたりはしないけど、


どこか本質は同じだなと感じるからだ。






過去、


「男は所詮若い女、キレイな女がいいんやろが」

「わたしが結婚できないのはブスやからや」


って、

勝手に恨みを自分で溜め込んで、
人のせいにしてギリギリ奥歯を噛み締めていた時期があった。



今はそうでもないが、

そうやって世の中を恨んでいる時期があった。

ひどいよね。





そして、今でも自分の(あくまで、自分の)気持ちのコンディションが悪くなると、

そんなふうな気持ちに持っていかれそうになって
心の中が真っ黒になる。





人のせい、逆恨みもいいところだ。



そんなわたしがあの犯人とどこか違うところがある?

いや、程度の激しさの違いはあれど、
出どころになってる気持ちの種類はほぼ同じ。


って、そんなことに気付いてゾッとする。










今回の犯人に戻る。


ただ女を恨んでいるだけの人間のままだったら、
この後の生き方でいくらでも救われる道があったかもしれないのに。


こうなった以上もう後戻り出来ないだろうし、もうどうにも救われない。

(可能性はゼロとは言わないけど、きっとゼロに近い。)




小山田氏に関する記事のときにも書いたが、


人生何をしてしまっても何度でもやり直せるのだろうとは思うけど、

この人は多分このまま牢屋に入っても変わらんだろう。


もともと心が傷ついて歪んでしまってる人が、
塀の中で罰を受けたところで自力で改悛できるとは思えない。


多分、ずっと
「自分は悪くない」
「自分を受け入れなかった女が、世の中が間違ってる」って思い続けるんだろう。



そんな人間をまた野に放って欲しくない。

絶対また女性を襲うだろうから。







そして、思った。



こうして、女のせいにして、人のせいにして、世間のせいにして、


最終的に破れかぶれになって人を傷つけるところまで行き着いて、



この犯人はついに自分の力で人生を生きるのを諦めたんだな。

自分の力でよい人生にするのを。



それが人間にとっての一番の悲劇かもしれないと
この事件を通して思った。





でも…


なんか、こんなこと書いてていいかは分からないけど…




自分は悪くない。


自分がこんなに不幸なのは


あいつのせいだ。


こんな世の中のせいだ。






刃物を振るわなくても、

油を撒かなくても、


自分が「被害者」だと、

正当防衛を主張している。



そんなふうに思っている人間は、

わたしを含め、結構多くいると思う。



ふとしたキッカケで、

この犯人のようになってしまうような心の持ちような人。




どうだろうか?





わたしは、早くそんな自分をやめたい。

人を恨まず、自分の足で立ちたい。

自分で全て責任を持ちたい。





明日死ぬとしても、

自分の人生を諦めたくない。












よかったらまた遊びに来てくださいね↓


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村