アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

20代で時が止まってる

タイトルはわたしのこと。


もちろん、若く見えるとかいう類の話ではございません。






なんというか…

最近はなんか気づくと自分を客観視していることが増えていて、

前から分かっていたことではありますが、最近は特に

「あ、やっぱり自分の精神年齢って幼いな…」と度々感じるようになりました。

「多分これは今年37歳になる人間の思考じゃないんだろうな」と。


自分のブログを読み返すと、なおさらにそう思います。







恋愛に限らず多分人生経験が少ないのもあるし、
(人生経験の多い少ないってそもそも何って感じはしますが)

20代の頃は人に自分の悩みを相談したりしなかったから、人の意見を取り入れて成長する機会がなかったのもある。
もしくは頑固で、聞いても自分に響かなかったのかも。






そんな状態で35も過ぎて


好きとか付き合うとか結婚できるかとか、

モテるモテないだとか

可愛いとかブサイクだとか

それに過度にこだわって価値があると思ってしまう尺度。



そういうものが自分のなかで大きな割合をしめていることがなんか嫌だなと


そういう尺度で延々日常ヤイヤイと言ったり悩んだりする自分のうすっぺらさいうかなんというか。



「あんた、他にもっと見るべきことあるやろ…」


と、もうひとりの自分が呆れている感じ。






過去のブログにはそれこそたくさん書いてきましたが

わたしは昔からずっと自分の顔にコンプレックスがあって、

ずっとブスだとかカワイイだとか表面的なものに囚われてきました。



なんか今、一言でいうなら

「しょーもな。。」

です。



そんなことをずっと気にして、大切なものがいろいろ見えていなかった自分がほんとしょうもない。





そりゃ外見を磨くことは、自分の気分やテンションを上げたり、素敵な要素ですけど

そればかりに傾倒していたらどう考えてもバランスおかしいですよね…。

恋愛にしても然り。

小熊さんなんか、今振り返ると典型的なアラフォー狙いのアプリ遊び男やないかと。

まあ、いい勉強になりました。





多分、こんなことは世間の人は20代前半位で早々に経験して、
どんどん精神的に磨かれて大人になっていったんでしょうね。


わたしは悪い意味でそのあたりすっ飛ばしたので、
今遅ればせながらやっと色々気づき始めたような気がします。


いつも読んでくださっている方からすれば、今更!?って感じがあると思いますが。。






だからといって「こんなわたしなんて!」と自分を責めるんでもく、フラットです。




カワイイだとか人から好かれることへの執着が薄れたのは、

ある意味「カワイイ」にそこまで価値を見出さなくなった、
そこに縛られずとも自分はそれでいいと何となく思い始めたからかも知れないですね。


大きな何かの出来事があった訳では無いのに、急にそう思い始めたのはなんなんでしょう。
神の啓示か?笑


それとも、前々から薄々自分をそう感じていて、
コップの水が溢れるように表面化したのかもしれません。




なので、過去記事は読んでいて自分でも「アイタタ(^^;;」感あるのですが、

だからといって過去記事を消したりも多分しません。

その時その時で精一杯生きてきたし。




人って変わるんだな~と思ってもらえると本望です。





ほんと、人とは周回遅れで人生生きてますが

もうわたしはこんなもんだと思って

恥じるでもなく、遠慮もせず

しかし自制と自省は忘れずにこれからも生きていこうと思います…(^^;;










ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらまた遊びに来てくださいね(*^^*)

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村