アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁アラフォー独女エリナによる、35歳からの人体実験の記録。 音楽、ライブ、バイク、なんてことない日常、隙あらば自分語り。

「エリナさん悩みなさそッスね」

と、同僚に半笑いで言われたエリナです(#^ω^)ビキビキ



即座に

「えっ?失礼じゃない?(#^ω^)」って言いましたが…

(周りで聞いてた同僚もプッ(˙³˙)゚゚てなってた。笑)



まあ、彼はいつも変なことで絡んでくるので、

タイトルの「悩みなさそッスね」は半分イジりな言葉のじゃれ合いの一種だと思い

冗談半分て分かってるしこっちも怒っては無いですけどね。笑
わたしも、彼のセンスは好きなので。





このブログに来て下さる読者の方は、

わたしがなんやらかんやら悩みまくっているのはご存知だと思いますが…(^^;;




でも、最近ちょっと思うのは、


わたし、

悩むの趣味になってね?


てこと。


悩むことがなんかもはやアイデンティティになってないか?

ということです。



20代の頃はモラハラ気質な束縛彼氏と付き合い、

親離れできない精神性で、自分で考えるということをほぼせず、


30超えて急に自我が芽生え始めたせいか?

「我思う、故に我あり」みたいな感じになって

思考をこねこねとこねくり回すようになってしまったわけですが…





考えるのは悩ましくもあり楽しくもあるのですが、


悩んで悩んで考えすぎて、

なんか訳分からなくなってこんがらがり、動けなくなってしまったのは先日のブログの通りなので、


同僚が言った

「悩みなさそッスね~」なわたしに一度立ち戻る時かもな、と

その言葉で思ったのでした。




外から悩みなさそうに見えてるのなら、

それはそれでええことかな?と思ったりしました。


悲壮感漂ってる人には、わたしもあまり近寄りたくないし

そういう人は(恋愛関係に限らず)良きご縁も逃すでしょう。






考えるのは好きなので、

ルーティンにしようとしている
「ノートの時間」に考える。


それ以外は、なるべくぐちゃぐちゃ考えず
その時その時に出来ることに打ち込む。





そうやって思考ぐるぐると日常をなるべく切り離して、


わたしはこのまま

「悩みなさそうな女」で生きていこうと思います(*´∀`*)笑






にしても、

冗談言える職場で、今日も平和だな。と思った。

やっぱりわたしは色々恵まれてんなぁ。
ありがたいことだ。



ただ、彼に言われた冗談の中で、

ひとつだけマジでキレかけたことがある。


それは、

事故に遭った時にかわいい愛車を若干貶されたことだ。


f:id:roma34ne7:20210929235637j:plain



冗談でもマジでヤメロ。感を出して怒ったら、
それ以来バイクでいじって来なくなったので

多分察したのだと思います。笑







☆今日の素敵なこと3選☆
・やりたいけど怖いと思ってたことをやってみたら、別にそうでもなかった。

・職場の同僚のバイク仲間カオリさんから、ご夫婦のほっこりエピソードを聞いてホッコリした。

・美味しいプリンをご馳走になった‪(*´꒳​`*)

f:id:roma34ne7:20210929233759j:plain

美味しかった…!




ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

よかったらまた遊びに来てくださいね(*^^*)

応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村