アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

おさいせんルーレット

去年の年末くらい、家の近所の神社に頻繁にお参りしていました。
仕事の帰りに、大体週3、4で行ってました。


(その様子はこちら↓)
roma34ne7.hatenablog.com
roma34ne7.hatenablog.com

仕事帰りに行ってたので、年末に仕事が休みになってからは習慣が途切れてしまってましたが、
今年もう3週間たったところでやっと、「初詣」に行ってきました。

その神社は氏神様なのですが、
小高い丘の上にあって、お参りするには階段か坂道を必ず登らなければなりません。

久しぶりに石段を上ると、かなり息が切れた。
やっぱりサボった(というのか?)分、体力は落ちてるみたい。

階段を上って100段目くらいで振り返ると、
遠くの街の明かりがイルミネーションみたいにきらきらしている場所があります。



f:id:roma34ne7:20210121213533j:plain


いつもそれを見て、
きれいだな(*´ω`*)と思ってテンションが上がって、
残りの階段を上りきります。


階段のてっぺんにある神社の鳥居をくぐって、
街灯がぽつぽつとあるだけで誰もいない静まり返った境内に入って、
手水舎で手を清めます。


ちょろちょろ水が流れてる石の水槽(なんて言ったらいいんやろ?)のふちに、
手指用アルコールがドンって無造作に置いてあって、
名実共に手をお清めしました。笑




で、少し前にお参りするようになってから決めている自分ルールがあります。

それは、

お賽銭は、財布に手を入れて最初に触った小銭を入れる。ということ。

おさいせんルーレットチャレンジ☆です。
こんな名前つけたら不謹慎かな?笑


というのも、はじめは(というか今までに寺社をお参りしたとき)は、
「お賽銭ぽい額の小銭」を選んで入れていたんですよ。
5円とか、10円とかの。


それがあるころから、
「なんか自分のお参り(お願い・お祈り)にかける価値を、
”こんな小銭がふさわしい”って自分で決めている気がしてなんかいややなあ。」

と思うようになって。


なので、最近はずっと、
お賽銭の額は自分で選ばずに「最初に手に触れたやつ」って運任せにしています。

その時神様が選んだ額、じゃないけど「なんやかんやのご縁で選ばれた額」って感じで。

そうすると、なんかちょっと「今日は何円が出るんかな?」ってワクワクします( *´艸`)

小銭なのでまあ、最高額やったとしても500円やしね。

これまでまだ500円を触ってお賽銭にしたことはないんですが。



ちなみに、今日は100円でした。

高額?だと、逆にちょっといい気分になります。
もし500円が当たったら、なんかさらにちょっとリッチな気持ちになりそう。笑





今年初めてのお願い事は、
「今日も元気で過ごせました。ありがとうございます。
今年も幸せな一年でありますように。」

です。

これを読んでくださっているみなさんにも、今年もいいことがたくさんありますように。






応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 30代一人暮らしへ
にほんブログ村



一人暮らしランキング