アラフォーエリナの人生まいにち人体実験!

関西弁独女エリナ(35)による、 生きづらさを生きる楽しさに変えるための、35歳からの人体実験の記録。

崖から落ちてなお

わたし、崖から落ちました。

あ、比喩表現です。





この記事に書いたのですが、


roma34ne7.hatenablog.com


いろいろ考えるうちに、もしかして崖から落ちたとしてもまあいっか、

とりあえず一歩前に進んでみるか!と思えるようになったんです。



はい。
とりあえず前に進んでみて、案の定。
崖から落ちました。



/(^o^)\



うーん、端的に言うと。


やっぱり、小熊さん彼女いるっぽいですね。

かつ、やっぱり一緒に住んでるっぽい。


やっぱりってのは、一回やり取りをやめたときに彼女と住んでね?って思ったから、
あ、やっぱりなって改めて思ったってことです。




もともと彼女いる疑惑があったわけやし、
決定的な証拠を押さえたわけではないけれど、
状況がそれを物語っているなってことがたびたびあって。


わたしは人を信じたかったけど、信じようと頑張ったけど、

「疑いの目で物事を見たらそうなっていく」ってわかってたから、そうならんよう頑張ったけど。

その範疇を超えることがあったから、くじけました。

私の周りには、基本的にいい人しかいなかったから、
こういう人がいることがよくわからない。
(いたのかもしれないけど、わたしは気づかなかった。)


とりあえずなにが真実であろうが、わたしは今小熊さんに関しては幸せではないです。


小熊さんとのやり取りを再開してから、
付き合うことになるまでのいきさつを書こうと思ってたんですが…

こうなったらちょっと書きたいと思えないので、書きません。
気になってた方がもしいらっしゃったら、ごめんなさい。


付き合ったときの、「彼女になって下さい」という言葉、
LINEでやり取りしてるときも、「付き合ったんやから〜、」っていう言葉が小熊さん本人から出てるので、
小熊さんも「付き合っている」テイではあるとおもうんですが。


やっぱり、端々に感じる違和感は正しかったんやろな。
わたし、空気読めないし察する能力ないと思いこんでたけど、そうでもないみたい。嬉しくないけど。




以前アプリ内で
「身体目的、遊び目的ですー!」
みたいな感じで紹介文を書いてた人を見かけたことがあって、
うげー!!って思ったことあったんですけど、
そういう人のほうがよっぽど誠実やなと思いましたね。
正直に自分のスタンス言ってるんやもん。
それにかなう人がやりとりすればいいんやから、少なくとも人を騙すつもりはないんやから。




なんで、嘘ついてるんやろ。

なんで、彼女いるのに、ましてや一緒に住んでるやろうに、
アプリで探してまで、遊び相手探してるんやろ。

職場でつい惹かれ合って浮気になってしまうならまだしも。
(それも良くないですよ。わたしも元カレに↑やられてますから)

なんなんやろ。




次会うことがあったら聞いてみようか。

小熊さん、ただの遊び人て感じはしないんやけどな。
それはわたしの勝手な欲目なんやろうけどね。

単純に遊び目的ってだけかもしれへんけど、
その心の奥が知りたい。

でも、それって危ないことかもなぁ。
「深淵を覗くとき、深淵もまたあなたを覗いているのだ」的な。







薄々勘付いてたとはいえ、ショックです。
ショックですが、不思議と心は落ちきってません。
昔の自分ならほんまに落ちてたと思うので。


多分、半分くらいは予感してたからってのもあるとは思うんですが、

とりあえず後先考えず、もっとこの人に近づいてみたい、
何も考えずに思ったまんま動いてみたいと、自分で納得した上でやったからと思うんです。


うん。あと一歩いったら多分これ崖で、落ちるかもしれへん。
でも行ってみる!

あーー!!やっぱり崖やったわあぁぁ〜〜!!

ドボーン!!
(海に落ちる音)



って感じ。苦笑




でも、崖から落ちた先は海で、
別に命が奪われたわけではなくわたしは生きていて、
その後わたしがどう泳いでみようかってのは自由。
波は荒くて苦しいけど、死ぬ気はしないのです。



少しは大人になったでしょうか。


あともう2つほど理由がありますが、
これはまた別の機会に記事にします。




でも。
ああ。
なんだかな。

愛されたかったな。






よかったらまた遊びに来てくださいね↓


応援よろしくお願いしますm(_ _)m
にほんブログ村 恋愛ブログ 30代女性 婚活・結婚活動(本人)へ にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ